桜も開花して、とうとう冬も終わりって感じですね~。

今年はずいぶんお鍋を活用しましたが、そろそろシーズンも終わりかな?
お鍋の時はお酒もけっこう飲みました(爆)。
だからか、この冬はけっこう太ったかも・・・(汗)。
まあこれから春を迎えて服もやや薄くなることですし、少し気を付けてダイエットでもしてみようかな~と思います。
たぶん・・・。

ダイエットってわけではないですが、最近はいろいろ考えてカロリーオフとか糖質オフとかのお酒を買うようになりました。
ビール類はそういったものが多く売られていますが、最近は日本酒も増えてきましたね。
あとはワインなんかもカロリーオフが出ると嬉しいです(笑)。
って、結局毎日飲んでます~。

スギ花粉もあと少しですね。がんばりましょう!
最近、たてつづけに食器を割ってしまい、傷心の薬剤師です・・・(涙)。

しかも一番ショックだったのが、ぐい呑みを欠けさせてしまったことです。
お祝いでいただいたぐい呑みだったのですが、赤と黒の対でとても大事にしていたのに、先日食器を片づけていたらそのぐい飲みが落ちてきて、下の棚板にあたり、かけてしまいました~。
めちゃくちゃショックでした・・・。

まあ割れたわけではないのでまだ使えますが、でもこういったものって欠けるだけでもかなりショックですよね。
その前はビアタンブラーを割ってしまい、うちにはそんな感じで相棒をなくしたコップ類がたくさんあります(汗)。

不注意ってことですよね・・・調剤業務ではこんなミスはしないのですが、やっぱり集中力の違いかな!?
2ヶ月くらい前に、業務スーパーで冷凍の餅入り巾着を見つけて買いました。

餅入り巾着といえば、最近はおでんに欠かせないタネになりましたが、スーパーなんかで買うと3つで198円とかするんですよね・・・(汗)。
なので自分で作ってたりしたのですが、業務スーパーで買ったのは、20個くらい入って500円くらいだったかな?だったので、これなら気にせずたくさん入れてたくさん食べられる!と思い買いました。

これからおでんを作るときは業務スーパーに行こう!と決めたのですが、その後もち入り巾着を見なくなってしまいました~(涙)。
代わりに五目巾着っていうのを売っていたので、それを買ってみましたが、やっぱりもちの方が美味しいです・・・。

明日、調剤業務が終わったらまた業務スーパーに行ってみようかな?
今年は甥っ子が受験生です。

自分自身が受験生だった時のことをあまり覚えていませんが、でも短期集中型だった自分は薬剤師試験の時もけっこう短い期間でグワーッと勉強しましたね~(笑)。
さすがに大学受験となると、短い期間でグワーは無理かと思いますが、この時期はかなり追い込んでいると思います。
でも正月の家族の集まりには来るそうですが(笑)。
きっと息抜きも必要なんですね~。
「落ちる」「すべる」「転ぶ」は禁句!なんて言われたこともありましたが、けっこう自分は平気で使っていたと思います(笑)。

インフルエンザの流行しているこの時期、受験生だけでなく家族も気を付けてほしいですね!
予防接種も大事ですが、手洗いうがい、そしてマスクをして、受験突破してほしいです。
寒くなってきましたね~。

この週末は少し暖かかったですが、明日からはグンと寒くなるようです。
みなさん、インフルエンザの予防接種は済んでますか?
そういう自分はまだなのですが、早くいかなきゃ~と焦っている薬剤師です(汗)。

この前、行きたかったディズニーシーに行ってきました。
混雑予想ではやや混雑くらいでしたが、そんなに気になるほどではありませんでした。
まあ確かに修学旅行なんかできている学生さんが多かったかな?
でも朝から夜まで、乗りまくってきました~。楽しかったです!
特に面白かったのが、初めて乗ったセンター・オブ・ジ・アースですね!
意外な動き(?)にびっくりでした。

また近いうちに行きたいな~と思いますが、でもたぶん行けて1年後かな・・・(汗)。
お鍋とかおでんとか、そういったものが食べたくなる季節になりましたね~。

え、まだ早い!?って言われるかもしれませんが(汗)。
でも確かに日中はまだ頑張れば(?)半袖で過ごせないこともないくらいの気温ですが、朝晩はけっこう冷えるようになったと思います。
そういう時は、やっぱりあったかいものを食べたくなりますよね!

冬が本格的になってくると、コタツをだして、そこでお鍋をつつきながら熱燗をいただくんです!
日本の冬って感じがしませんか!?
・・・って、書いててなんだかオジサンくさいな~と自分でも思ってしまいました(汗)。
まあでもそれが正直な気持ちだからいいんです(笑)。

こんな話を薬局でしてると、同僚薬剤師たちからもオジサンっぽいっと突っ込まれますが、それでもいいんです!
この前、コンビニで「和栗のモンブランプリン」というのを見かけました。

和栗、モンブラン、プリン、どれも自分のツボにハマるものです~(笑)。
でもその時は買わなかったので、なくなる前にいつか絶対に買おうと思います!
・・・とか何とか言って、結局買わずになくなってしまうかもしれませんが・・・(汗)。

でも秋って、本当においしいものが多いですよね~。
食べたいものがたくさんあって、本当に気をつけないと大変なことになってしまいます(汗)。
食欲の秋ですし、あ、でもスポーツもやってます!
でもそのスポーツも、今までは週に2回できていたんですが、最近は週に一回しかできていません(涙)。
まあでも1回でもできればいいですね!

忙しい?調剤業務の合間をみつけて、頑張ってます!
コールスロー、作ったことありますか?

いままでよくケンタッキーのコールスローを食べてました。
と言っても最近はケンタッキーに行くことはめったにありませんが、ケンタッキーのコールスローはおいしくて大好きです。

んで、それ以外のコールスローって、実はほとんど食べたことなかったのですが、先日ちょっとしたイベントで、初めてコールスロー作ってみました。
ネットで調べてみたら、レシピもたくさんあってどれがいいか迷いましたが、その中の一つを作ってみたらとてもいい味でした!
でも作ってから時間がたったら、ちょっと味が薄くなってしまったようで、そこだけ残念でした・・・。

調剤業務よりも調味料の調合の方が簡単なので(!?)、もう一度チャレンジしてみよう!と思った薬剤師でした(笑)。
日常とはその名の通り「過ぎ去る1日の状況」ということが言えますね。普段何気なく過ごしているこの環境が実はものすごく大事になってきます。それをいかにして自分の中で当たり前のように過ごすことができるのか。ここが勝負の分かれ目だとも言われています。普段自分が考えていることが普通に過ごすときの過程においてどこまで浸透しているのか?ここを自分の中で一段と考えておくのが大事です。

自分の1日を客観的に捉えることはしているでしょうか?私は薬剤師として活動する中で、この点については常に考えて研究しています。薬剤師は1分1秒を争う場面もあります。日常生活が48時間あればよいのにと考えることもしばしばあります。だからこそ、この問題はとても大変ですし重要なラインになります。普段している自分の行動に疑問に感じるところや、改善するべきところなどを見つけることができれば儲けものです。

ここは簡単なように見えて結構大変です。だって自分で自分を観察するなんて普段はしませんからね。やってみると、本当に無駄な時間が多いなと愕然とすることもありますね。これではなんのために行動しているのか不思議で仕方がないといった感じですね。薬剤師としての行動を見直すためにも私は1週間に1回程度で改善や反省などを自分の中で繰り返すようにしているのです。

◎主婦の薬剤師求人情報が満載!
http://xn--tiqxlx7gj8k5zemszev4b.com/

意外と知られていない薬剤師の業務。その主な業務は調剤です。しかし、その他にも医薬品の供給や薬事衛生、学校薬剤師などの業務があるようです。

また、医薬品を製造販売する為には、必ず薬剤師を置かなければならないと法律で定められており、医師や歯科医師、獣医師など他の者が代わることは出来ないとされています。

こういったことからも、薬剤師が求められる場面というものは多いと言えるでしょう。

また、薬剤師は日本の医薬品供給に不可欠な存在と言っても間違いではないようです。

また、処方箋による調剤を行う薬局だけでなく、調剤を行わずに一般用医薬品のみを販売する一般販売業においても薬剤師を配置することが義務づけられているようです。

さらに、薬剤師は学校保健法の定めにより、大学を除いた小中学校、高校などに置くことも義務づけられているそうです。

このような薬剤師のうち、妊婦・授乳婦専門の薬剤師がいます。

それを、妊婦・授乳婦専門薬剤師と呼びます。

それでは、今回は妊婦・授乳婦専門薬剤師についてご紹介することにしましょう。

この妊婦・授乳婦専門薬剤師は、妊娠、授乳期における薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観によって、妊娠、授乳期の母子に対して、次世代への有害作用を考慮した薬物療法を使って、母子の健康に貢献することを目的として設定されている薬剤師です。

また、妊婦、授乳婦に対する薬物療法を、母子の両方にとって安全で適切に実施するため、関連の医師と連携することや、妊婦、授乳婦に対する必要に応じたカウンセリングを提供することも、この妊婦・授乳婦専門薬剤師の目的の一つとしてあるようです。

この妊婦・授乳婦専門薬剤師は、日本病院薬剤師会が認定している資格であり、いくつかの条件を満たしていれば取得することができるようです。

私は管理薬剤師として某調剤薬局で働いています。薬剤師にもさまざまな種類があることを皆さんに知ってもらいたいという思いで、ブログにしました。